川村光太郎の本当のスゴイ所とは?

川村光太郎という人物に触れてみる

川村光太郎という表記は正確には間違いなんです!正しくは『川村光大郎』。バス釣りをする人の中でもはや知らない人はいないんじゃないかと人気者の川村光太郎。

 

主に霞ヶ浦などの関東フィールドの陸っぱりで高い技術で釣りまくる!

 

また彼が勤務しているOSPという会社はあの並木敏成が代表を務める。
そんな川村光太郎はワーム開発担当者として日々、新作ワームを開発をしている。

 

ちなみにこの川村光太郎が作ったワームは発売して瞬く間に完売してしまうほどの人気がある。

 

主な人物

地元が茨城県の川村光太郎は高校生くらいの時から霞ヶ浦などのフィールドに自転車で通いテクニックを磨いていく。そしてその技術をもって様々な大会に出場し、優勝をしていく。またその数多くの大会の中で親友でもあるOSPプロスタッフである折金氏と出会う。爽やかなルックスと分かりやすい解説、天然キャラもたまに垣間見るその姿に釣り人ファンは数知れず。ちなみに愛車はトヨタのハイラックスサーフ。

 

フィッシングスタイルはランガンであり、1箇所で粘るような事はせずにランガンをして多くの魚に触れる機会を増やして釣りあげていくという形である。またキャストに関してもトップクラスの美しさである。

 

川村光太郎愛用のタックル

ダイワからスポンサードされておりロッドなどにも積極的に開発に携わっている。特に他のプロと違ってボートからの釣りではなくほとんどの人が同じ陸っぱりでの釣りからのアイデアから作られるロッドなので非常に人気が高い。

 

川村光太郎の主なテクニック

マイクロピッチシェイク
彼がメディアで紹介するやいなや皆が真似をするようになったが、実際には川村光太郎のように繊細なルアーアクションをするには簡単ではない。川村光太郎のアクションは本当の虫のような動きを出してブラックバスももはや疑似餌だとは疑わないだろう。

 

川村光太郎人気の秘密

何故、川村光太郎がこんなにも人気なのか?それは人当たりの良さ。そしてクセのない性格だと言える。釣り人というのは正直、クセのある人が多い。釣り談義をしている中でも激しい自己主張をし、それを訂正されるようなものなら怒り出すなど様々である。しかし川村光太郎はセミナーやイベントでも嫌味など言われても笑顔絶やさずに接するその姿勢が気に入られているのではないかと言える。
また普通であれば自分が作ったアイデアなどは隠しておくものなのだが、彼は全くそんな事はせずに雑誌などのメディアでもすぐ紹介する。
つまりは心の広さもある。
ある時、川村光太郎のDVDを観ていたのだがフィールドで先行者がいても嫌な気持ちなどせず、いて当たり前と当然のような考えを持って釣りを楽しんでいるのだ。普通の人であれば自分のDVDや大会成績などの為に先にいる先行者に対しては文句の一つでも言いたいくらいの人が通常である。